沿革

1979年12月 三菱倉庫、日本通運、京浜倉庫(現在のケイヒン)、三井倉庫、住友倉庫、大森廻漕店、日新運輸倉庫(現在の日新)の7社間で日本インターナショナルフレイトフォワーダーズ協会設立について合意
1980年1月 協会設立準備委員会(上記7社、内外日東、大日通運(現在のトレーディア)、名港海運、日本紙運輸倉庫の11社で構成)が発足
1981年9月 発起人(上記11社)総会開催、入会申し込み店社83社(発起人に加え趣旨賛同店社72社)
1981年10月 協会設立総会開催
1981年11月 JIFFAニュース 創刊号 発刊
1982年9月 設立1年で会員107社に
1985年10月 社団法人日本インターナショナルフレイトフォワーダーズ協会として発足(運輸大臣設立許可は9月20日)
1985年10月 「国際複合輸送士資格認定講座」開始
1985年12月 「海外物流事情調査」開始
1986年7月 JIFFA MT B/L制定
1988年9月 「実用英語研修セミナー」開始
1990年9月 JIFFA会員の国際貨物取扱実績が1990年度上半期に500万トン突破
1992年10月 「国際複合輸送士養成講座」が運輸省(現在の国土交通省)の認定講座となる
1993年5月 ヘーグ・ヴィスビー・ルールに準拠した新JIFFA MT B/L約款が完成
1994年3月 JIFFA Waybillが完成
1994年3月 JIFFA会員が200社突破
1994年4月 中国対外貿易経済合作部の招待でJIFFA首脳が中国訪問
1995年2月 名古屋で初めて「国際複合輸送士養成講座」開催
1995年3月 JIFFA会員の国際貨物取扱実績が1994年度下半期に1,000万トンを突破
1997年2月 JIFFA Forwarder's Cargo Receipt(FCR)の約款が完成
1998年10月 「国際複合輸送士養成講座」を「国際複合輸送士資格認定講座」に名称変更
1999年4月 「実用英語研修セミナー」を「実用英語通信文講座」に名称変更
1999年5月 『JIFFAニュース100号記念特集号』発刊
1999年4月 「初級中国語講座」を開講
2000年4月 委員会組織改編
2000年12月 国際複合輸送士資格認定者が2,000人突破
2001年3月 JIFFA会員の国際貨物取扱実績が2000年度下半期に2,000万トンを突破、通年では4,000万トン超
2002年3月 アジア太平洋経済会議(APEC)にJIFFA代表が初めて参加
2002年4月 「中級中国語講座」を開講
2002年7月 「国際複合輸送業務集中講座」を初めて九州で開講
2003年9月 「フォワーディング業務基礎講座」開講
2003年10月 ・正会員が300社に達する
・JIFFA REPORT 創刊号 発刊
2005年12月 国際複合輸送士資格認定者が3,000人突破
2007年7月 「児童対象の物流見学会」開始
2010年3月 「標準取引条件(2010)」制定
2010年11月 ・社団法人設立25周年記念事業「国際シンポジウム」他を実施
・「海外駐在員のための研修会」開始
2010年12月 国際複合輸送士資格認定者が4,000人突破
2011年3月 会員による国際貨物取扱実績が2010年度8,000万トン超え
2011年8月 正会員が400社に達する
2011年10月 「JIFFA創立30年史」刊行
2012年4月 内閣府の移行認可を受け、一般社団法人 国際フレイトフォワーダーズ協会を設立
2012年7月 「新JIFFA FCRフォーム」制定
2013年10月 FIATA正会員(Association member)として正式加盟
2014年1月 JIFFA MT B/L約款及びWAYBILL約款改訂
2014年7月 「新入社員のための研修会」開始
2015年3月 国際複合輸送士資格認定者が5,000人突破
2016年2月 相互代理店契約雛形の標準書式として「相互代理店契約標準書式(2016)」を作成
Copyright© 2000- 2017 Japan International Freight Forwarders Association Inc. All Rights Reserved.